1.新製品開発の支援

会員企業の新製品開発に向けて、当工業会では、様々なサポートを提供しています。

新製品開発助成事業(日本財団助成事業)

会員企業からの提案による課題と船主等ユーザーニーズによる課題について、公益財団法人日本財団の助成を得て、製品化に向けた助成事業を実施しています。


平成30年度新製品開発助成事業に係る募集案内

平成29年度に実施している新製品開発助成事業

  • 海洋掘削リグの泥水処理用ポンプの技術開発
  • ゲートラダーを使用した省エネ推進システムの技術開発
  • “高効率・省エネ”ヘビーリフトクレーンの技術開発
  • 貨物運搬船(自動車専用船,コンテナ船等)の貨物が受ける振動・傾斜他記録データをリアルタイム取得するシステムの技術開発

平成28年度に終了した新製品開発助成事業の成果報告書

平成27年度に終了した新製品開発助成事業の成果報告書

平成26年度に終了した新製品開発助成事業の成果報告書

新製品開発のための可能性調査(FS)事業

新製品開発のテーマ発掘のため、可能性調査(FS[Feasibility Study])事業を実施しています。

2.研究会等

新製品開発活性化のため、産学官や、異業種、更にはユーザー業界とも連携しながら、日本の舶用機器の技術力向上に寄与するための調査研究を実施しています。

新スマートナビゲーションシステム研究会

航海、機関、船体、気象海象等多くのデータを統合し、さらにそれらを有機的に結合して、船内及び船陸間の情報統合を実現する先進的な「スマートナビゲーションシステム」の実用化を目指す。この実用化により、船舶の安全運航、効率的運航、燃費(CO2)削減等が可能となる。また、国際標準規格化(ISO化)を行い、システムの普及を促進する。

新スマートナビゲーションシステム研究会 【SSAP】 Web site

過去に実施した研究会の成果

船内LAN研究会(2005年~2012年)

船内のケーブル工事量の削減や、船内情報の活用を実現する方法として、船内LANの構築に関してそのメリットや課題を研究しました。本研究会で検討した船内LANの方式についてはISO規格にしました(ISO16425)。

環境への全体最適を狙ったスマートシップ研究会(2011年~2013年)

将来の船舶の姿を展望し、今後の技術開発の推進に資することを目的とし、大学、海運、舶用メーカー等の参加を得て開催しました。

3.その他の技術開発関連事業

舶用機器の新製品開発活性化等のために様々な技術関連事業を実施しています。

舶用技術フォーラム

新製品開発助成事業の成果を公表し、また、造船・舶用工業技術に係る旬の話題を提供するため、「舶用技術フォーラム」を開催しています。

第3回舶用技術フォーラム(2015年7月7日開催)

第一部)新製品開発助成事業成果発表

  • LNGおよび海水を冷媒の冷却源とするハイブリッド冷却空調装置の技術開発
  • 船舶の余剰蒸気を利用した高効率3段小型蒸気タービンの技術開発
  • 熱電発電を利用したワイヤレス温度センサシステムの技術開発

第二部)水素エネルギー関係について

  • 水素社会の動向と海事分野の取り組み
  • CO2フリー水素の導入構想と関連技術
  • 水素輸送技術“SPERA水素”について

第2回舶用技術フォーラム(2015年7月3日開催)

SM標準(日本舶用工業会標準)

舶用工業の経営基盤の強化、生産性の合理化等を図る観点から、舶用機器の仕様の統一を目的に、SM標準(日本舶用工業会標準)を制定し、定期的に見直し等を行っています。
SM標準の数は2016年3月現在89件です。

2013年10月制定

  • SM A127 船用食料冷蔵庫冷却装置配管保冷工事施工標準
  • SM A230 船用食料冷蔵庫冷却装置船内試験方法

2015年3月制定

  • SM A229 船用空気調和装置船内試験方法
  • SM A230 船用食料冷蔵庫冷却装置船内試験方法

2015年10月制定

  • SM A159 船用空気調和装置の設計基準
  • SM A169 船用食料冷蔵庫冷却装置の設計基準