• 会の概要
    当工業会の主要事業のご紹介他、会の現況をご紹介します。
  • 会の沿革
    昭和41年の設立から、平成25年の名称変更等、会の主要な歴史をご紹介します。
  • 役員紹介
    当工業会の役員、職名など一覧でご確認いただけます。
  • 事務局案内・アクセス
    事務局所在地、アクセス方法をご案内しています。
  • 入会案内
    日本舶用工業会にご入会いただく手順について説明いたします。
  • お問い合わせ
    お問い合わせは、電話、メールでお願いいたします。

ご挨拶

当工業会は、船舶用機器及びその他船舶に関連する工業の進歩発展を図り、我が国経済の発展に寄与することを目的に、昭和31年10月に(社)日本造船関連工業会として発足し、昭和41年6月の(社)日本舶用内燃機工業会との合併を機会に名称を(社)日本舶用工業会と改め、
以来、我が国舶用工業の健全な発展のために活動してきたところであります。また、平成25年4月には内閣総理大臣の許可を得て、一般社団法人に移行致しました。これに伴い、一般社団法人日本舶用工業会と法人名が変更になりました。なお、移行後もこれまで同様に、舶用工業業界の発展に寄与し、広く社会に貢献していくという使命を果たして参る所存でございます。

我が国の舶用工業は、高品質の機器を安定供給することにより、世界の海運・造船の発展に貢献しているものと自負しておりますが、近年グローバル化の進展、環境規制の強化等が進む中で、当業界を取り巻く環境も一層の厳しさを増してきており、このような状況の中で、当工業会といたしましては、毎年、『日舶工アクションプラン』を策定し、「国際化への対応」、「技術開発の推進」、「安全・環境問題への対応」、「人材確保・養成対策の推進」、「経営基盤の整備」を柱として、我が国舶用工業の国際競争力の強化と業界活動の一層の活性化を進めるべく各種の事業を積極的に行ってきているところであります。

当工業会が今日あるのも、会員各位をはじめとして、関係当局、関係諸機関の適切なご指導とお力添えの賜であり、今後とも引き続きご指導ご鞭撻をお願いする次第であります。

一般社団法人 日本舶用工業会 会長:中島 基善